ドメーヌ・ドゥ・ラ・ペピエール Domaine de la Pepiere

スポンサーリンク

ミミズの耕してくれる畑で造られたブドウは、シャープな味わいのミュスカデになっていた。

 

ナントの南10kmほどいったメーヌ川のほとりに、このドメーヌがある。

まるで鍾乳洞を可愛くした風貌のマルク・オリビエは、クラッシクなスタイルのミュスカデを目指し、極めて自然に近い方法でブドウ造りを行う。

1650年に作られたとゆう、田舎の納屋と云ったキュブリーでこのミュスカデは造られ他の多くのものと異なり瓶の中で1年半
以上熟成させてから、市場に出される。(通常の熟成期間は半年)

スポンサーリンク

ワイン造りは、何もしないのがモットーで唯、良いブドウを造り、それを搾って、自然酵母で発酵させるだけとゆう自然派。こうして
造られたワインはしっかりしていて、且つエレガントで、まるでブルゴーニュを思わすような風格です。

所有畑 12Ha  生産量 80000本

ペピエール  1Ha当たり 55HL 生魚
ブリオール  1Ha当たり 40HL 少し火を入れた魚
クロ・コルメレー1Ha当たり 35HL ソースのかかった魚

平均樹齢 40年 クロ・コルメレーは、70年のV・VCHカルボーニュの3年
使用樽を使用。
スポンサーリンク

Leave a Reply

Your email address will not be published.