スペインワイン会メニューその3”シェリー”

スポンサーリンク


その1”ムールヴィエドロ”
その2”ヴァンルパン倉敷・セレクション”

ワイン会メニューその3

シェリーもいくつか用意しました。

  • マンサニージャ2種
  • アモンティリャード
  • オロロソ
スポンサーリンク

マンサニージャ・ラ・ヒターナ

毎年ロンドンで開催される[インターナショナル・ワイ
ン・チャレンジ2006]において、なんと辛口シェリーの
代表となるマンサニージャ・トロフィーを獲得し、さ
らに合せてベスト・バリュー・シェリー・トロフィー
の二冠を受賞したもの凄いシェリーなんです!!。
しかもしかも、これが昨年2005年に続いて2年連続二冠
受賞の大快挙だったんです!!。

2006年度のエントリー総数はおよそ9000アイテム。その
中で約200本のワインが金賞を受賞し、トロフィーを受賞
できたワインはたったの49本。受賞したその他のシェリ
ーは極少量生産かつ地元消費用として生産されるものが
多い中、このシェリーは世界各国に輸出されながらも高
い品質を保ち続ける別格なるシェリーなんです!!。

アメリカ有力評価誌[ワイン・スペクテーター誌]におい
ても90点の高得点を獲得し、さらに【Smart Buys】の称
号を授与され、そのコメントたるや、

『ドライで爽快。強い塩味で強調されたリンゴ、麦わら
、ナッツの香り。ライトでよくバランスしており、非常
に魅力的!!』と大絶賛!!

さらに毎年発行されるスペインの権威あるワインガイド
ブック[スペインベストワイン・ガイド2005年度版]に
おいて、スペインで最も著名なワイン評論家ホセ・ペニ
ンは次のように称賛しています!!

『キレが良く、清潔なフロール(酵母)の香り。大変ライ
トなタッチ。ドライだがフレッシュな味わいで非常に良
いバランス。美味しい!!』

しかもこのシェリーの産地である現地サンルーカル・デ
・バラメーダで古くから最も飲まれているシェリーとし
ても有名で、ラベルに描かれている女性の絵はワイン名
「ラ・ヒターナ」を意味するジプシーの女性。街を歩け
ば看板やポスターなどでよく見かけるほど地元で愛され
ているシェリーなんです!!。

まさに称賛されるべき、正真正銘のお買い得シェリー!!
その潮の香りと爽快でドライな味わいは病みつきになる
こと間違いなしです!!今までシェリーに馴染みのなかっ
た方もこのフレッシュでライトなタイプなら気軽にお楽
しみいただけます!!

スポンサーリンク

ボデガス・ディオス・バコ マンサニーリャ・リア・ピタ

産地 : スペイン/アンダルシア州
葡萄品種 : パロミノ100%
熟成年数 : 平均8年 (ソレラ方式)
「リア・ピタ」はフラメンコ音楽のカスタネットで出される擬音のこと。ソレラ方式8年間熟成のマンサニーリャ・パサダスタイルで、輝きのある、さっぱりフレッシュなマンサニーリャ。

色 : 緑がかった麦わら色
香り : 緑のオリーブ、リンゴ、ソフトなハーブのアロマに塩がかったアーモンドのニュアンスも伝わります。
味 : フレッシュで快活な辛口。シャープな酸味や海に近いが故の塩っ気が広がりフィニッシュまで続きます。
良く合う料理 : 料理:魚介のフリット、生牡蠣
サーブ適正温度 : 7〜10℃

バロン・ミカエラ・アモンティリャード

マンサニージャの段階を経て、第2段階の酸化熟成をしたワイン。
ソフトで軽い口当たりでアーモンド、ヘーゼルナッツを思わせる香り。
琥珀色で繊細なシャープさと力強さがあり、長いアフターテイスト。
食前におすすめ。

バロン(Barón)
スペイン / アンダルシア / サンルーカル・デ・バラメダ

10世代・350年前から 受け継がれた伝統のもと技術革新の中心的役割を果たしてきました。現在も家族経営で自 分たちの楽しめる、納得のいくシェリー造りに励んでいます。 バロンの造るシェリー酒は味はもちろんのことコストパフォーマンスにも優れ地元でも大変人気です。

シリーズ名『ミカエラ』の由来
古くはスペインで良く聞かれた女性の名前で、「神は公平なり」の意味を持ちます。陽気で柔和な中にも伝統を尊ぷ想いが込められています。

ラベルのイメージ
「マントン・デ・マニラ」と呼ばれる大判のショールで、主に花や鳥が刺しゅうされ、古くは日常の女性のフアツションの必須アイテムでした。現在ではフラメンコの衣装として使用されています。

シェリー・オロロソ マエストロ・シエラ

1832年に元大工のホセ・アントニオ・シエラにて設立されました。
当時彼は全ての有名なシェリーハウスの樽を作る仕事を任されており、その腕前は地域で一番と評判であったが、次第にシェリーの魅力に取り付かれ、自ら最高のシェリーを造るために小さなワイナリーを設立しました。やがて高品質シェリーの保有者としては最高の一人にまで上り詰める。

現在のオーナーはシエラファミリーの直血の子孫であった夫を亡くして以来、彼の意思をついでこの30年間、ワイナリーを経営してきました。しかし、ビジネスとしては大きな動きはなく、ストックを売る事もほとんどしなかったため、現在のマエストロ・シエラの保有するシェリーは、ヘレスの中でも最も古いもののいくつかに数えられます。

瓶詰めまで自社で行うボデガですが、近所の人は気軽にマエストロ・シエラを訪れ直接樽から出したシェリーを購入していくそうです。

スポンサーリンク